前橋の禁煙外来の治療薬とザイバンとの影響の違い

以前は、大人の嗜好品の代表的な存在であったタバコは、現在では数十種類以上の発がん物質が煙に含まれていることが判明しており、公共の施設の多くは全面禁煙となっています。この影響を受けて医療機関でも専門外来を用意しており、前橋にもそのようなクリニックが存在しています。

前橋の禁煙外来の主流は、脳内のアセチルコリン受容体と結合するという作用を持つ内服薬の処方です。これにより、タバコを吸っても気持ち良さが感じられなくなります。また、快楽物質のドーパミンを少量だけ分泌するので、禁煙による影響を受けにくいということも特徴です。つまり、タバコを吸わなくても苦しくならないということです。

しかも、この治療薬は健康保険が適用されるので、経済的な負担も軽く済むということもメリットとなっています。12週間の使用が基本であり、この間医師のサポートを受け続けた場合の成功率は約50パーセントを記録しています。上手くいかないケースが圧倒的に多い禁煙の中では、かなりの成功率高さと言えます。

ただし、禁煙はこの治療薬だけしか方法がないというわけではありません。前橋の禁煙外来では処方されませんが、ザイバンという治療薬も非常に効果的です。ザイバンは、快楽物質のドーパミンと不快物質のノルアドレナリンの吸収を阻害するという内容の治療薬で、これによりタバコを吸って得られる気持ち良さや禁煙した時に見舞われる渇望感が軽減されます。

つまり、タバコにより影響を受けなくなるので、自然と離れられるという結果につながります。ザイバンは、日本では未承認のために医療機関などで処方されることはありませんが、アメリカでは有力な禁煙治療薬として使用されており、個人輸入などで購入することが可能です。