ザイバンの禁煙の期間は海外と日本で表現が違う

ザイバンの禁煙の期間は、海外と日本で根本的な表現が異なるので注意が必要です。海外の禁煙期間は長期的な服用とは言っても最長で二ヶ月程度の期間を見込んで表現することになります。一方で、日本の場合は海外の人とは体格も体質も異なるので最低でも三ヶ月間の間は薬を服用し続ける必要があります。日本人は、特にたばこに対する依存が異常に高い人が多いので、ザイバンを利用するときでも一気に錠剤を使うのではなく徐々に緩やかに使っていくことが大事です。効果の現れる期間の表現が双方で違うことを理解して治療に取り掛からなくてはいけません。
では、実際に病院で薬が処方されるときにはどのような程度を医師から取られるのでしょうか。実は、医師から禁煙治療薬を処方されるときにはやはり海外の人よりも一回当たりの使う薬の量を小さくするようにすすめられています。これは禁煙治療薬ならばどれでも同じで日本人にあった量で適切な量を処方してもらうことになるのです。
ザイバンの場合は、病院で処方してもらう薬ではありませんが海外の場合は7週間を目安にしますが、日本人の場合は9週間を目安にします。加えて、海外の人が使用する場合には一日あたりの二回錠剤を服用しますが、日本人の場合は一日当たり一回の服用でかまいません。
このようにして適量を減らして使うことは、薬による副作用をなるべく小さくして長期的に禁煙を続けることが出来るようにしているからに他なりません。長期的な服用ならば、量を小さくしても緩やかに禁煙をすすめていくことができるため、急な離脱症状も発現しなくなってメリットが多いのです。そのため、日本人がザイバンを使う場合には日本人にあわせた方法で使うことが賢明です。