うつ病の特徴トップ5

現代人にとって身近な精神疾患の一つにうつ病があります。

現代はストレス社会と言われており、経済問題から家庭不和、職場環境の問題までうつ病を発症させる様々な原因で溢れています。
軽度の気分障害から重度のものまで、少なからずうつ病が気になった事がある方は多いものです。

さて、うつ病は今やありふれた病の一つですが、一方で具体的な特徴はあまり知られていません。
何がうつ病の典型的症状なのか特徴トップ5を上げておきましょう。

一番に多いものが、精神に現れる症状である「抑うつ症状」が上げられます。
仕事や家事、趣味が手につかないほど落ち込み、動く気力さえ失くしてしまう。
うつ病と言う名前にあるように、こうした症状は常にこの病についてまわるものです。

同様に抑うつから派生する「意欲の減退」などの気分障害も有名です。
いつも関心があった事に興味が失せ、何をしてもつまらない。
趣味も楽しめず、あらゆる事を行なう意欲が失せてしまう症状です。

また、身体に表れる症状として有名なものが「睡眠障害」と「食欲の減退」も上げられます。
同時にあまり知られていませんが「めまい」などの身体症状もうつ病から発生する場合が多いものですので、原因不明のめまいに悩まされている場合は、精神疾患も疑う必要があります。